経験における中で、頂点最初の「お手伝い」は何ですか?

この間、女子がごちそうの対処の途中で、誤ってすり鉢を割ってしまいました。
本当はこういうすり鉢、自分にとっては懐かしいタイプだったのです。

小さい頃、断然好みだったご飯の惣菜の一つが「ホウレンソウのゴマ和え」でした。
マンションでは「ゴマよごし」と言っていましたね。
こういう食事が出る状態、決まって自分がすり鉢でゴマをすりすりしていました。
これが自分にとって一番古くさい「プレゼント」の諳記だ。当時3年だったと思います。
最初はゴマだけ入れてすりすりして、ゴマがすり鉢の中で広がってきたら、
コンコンノイズを立てながら二度と中央に集めて、もう一度すりすりを通じて、
粉状になってきたら、香味料を入れて、すり鉢の中でゴマと香味料を混ぜて…
という作業が今でも諳記に残っています。
大きくなって、自分でごちそうを取る機会があった状態、
諳記をもとに作ってみたら、進行は全く迷わなかったのに、
白ゴマがなく、黒ゴマによるせいで、思っていたのと違う風味になって、
「まずいなー」と思いながら自ら洗い浚い食べたなんて事例もあります。

物心ついたところからアパートにあったものが使い切るのは、些かうら寂しいものです。
あ、女子を責めているわけではないですよ(汗)。
すり鉢の相方、すりこぎ棒は健在なので、今後も長寿やるものです。ライン掲示板の攻略ならこちら